ブログ・YouTube

ぱんだ保育士すーちゃむって何者?自己紹介♫

はじめまして!

育児、保育アドバイザーのぱんだ保育士すーちゃむです!

「自分なんかが親で(先生で)子どもたちは不幸じゃないだろうか」

「このままじゃ子どもたちの未来が心配」

と思って勇気を出して私の公式ラインを

追加してくれてありがとうございます。

そんなあなたに

自己紹介をさせてください!

私も子どもの気持ちがわからず

クラスもまとめられず

ずっと悩んでいました。

もともと恥ずかしがり屋で不器用で

先生とは程遠い学生時代

保育士になりたいと言ったときも

周りから

「保育士なれるの?笑」

「続く?笑」

と馬鹿にされていました。

理想的な保育士に絶対なってやる!

そんな思いで本も沢山買いました。

研修にも行きました。

しかし万人にあてはまるような

当たり障り内ことは書かれていても

本当に知りたい現場の声は教えてもらえない

いったことで満足している

だったら自分の力でやってやる!!

試行錯誤を繰り返して

優しい気持ちで子どもと話せるまでに成長しました。

この方法をこれからどんどん発信していきます!

あなたを

育児の疲れを癒やし

優しい気持ちで子どもと話せるようになるようサポート

テキストを不定期に配信していきますのでお見逃しなく♫

なぜ育児保育を

教えているの?

今は2歳の娘の育児中で仕事をしていないのですが

後輩から

ママ友から

周りの人から

子どものことを1日中怒ってしまう

自分なんかむいていない

不安や焦りの声を沢山聞いていました

実習生だった私と同じように

後輩たちもたくさん苦しい思いをしているのに気づきました

これ以上苦しい思いをあなたにはさせたくない。

1人で苦しい思いをしている学生をママを本気で助けたいと思いこの活動をはじめました!

実習の時は指導の先生から怒られ

何もうまくいかず

まわりから馬鹿にされる

自分ってなんにもできないんだなと自分の自信をなくしていました

でも保護者からの感謝、先生のクラスでよかったという

嬉しい言葉のかずかず

子どもたちの笑顔

そしてなにより自分自身が楽しいと思って10年間駆け抜けることができたという

成功体験を通して

自分はだめなんかじゃない

やればできるという

強い思い

自信をもつことができました!

自分のことを全然だめだとおもっている

学生、新米ママを救いたい

自分には何もないと自信をなくしている

学生新米ママを救いたい

技術を知るだけではなく

日々の子どもとのかかわりの中の成功体験を通して

自分に自信をもってほしいと思っています!

自分に自信があって堂々としている

格好いい女性って憧れますよね

私自身も日々悩み相談をうけることを通して

ありがとうの声や感謝されることがとても嬉しく

さらなる自信にも繋がって言っています

あなたと出会えたのも本当に嬉しいです

育児をただの日常と捉えるのではなく

自分を変えるチャンスです!

一緒にぼちぼち

優しい子育てやってみませんか?

RELATED POST