家&庭

失敗しないクラピアを株分けする方法

クラピアたった10株から株分けをすることで300㎡の土地を被覆しようとしています。

2019年6月にはじめてクラピアを購入し、2019年12月現在150㎡を覆うことに成功しました。

色々試すことで自分なりにおすすめの方法を紹介したいと思います。

ただ、読み進める前に注意事項としてお伝えしたいことがあります。

クラピアは種苗法に登録された植物です。

無断で栽培、増殖、譲渡、販売、輸出入などをすると法律で罰せられることがあります。

あくまでも同一敷地内で、クラピアが広がるスピードを速めたいときなどの参考程度にお役立て下さい。


クラピアの株分けの方法

  1. 除草剤を用いて、今生えている雑草の処理をする
  2. 2週間後、雑草をかりこむ
  3. 土をしっかりと耕す
  4. 植栽シートライトをはる
  5. 植えたい場所の植栽シートライトを切る
  6. 植えたいスペースの穴を掘る
  7. 上から植栽シートライトを貼る
  8. 新しい土と、有機一発という肥料を混ぜ込む
  9. 一つの株から優しく4つに分けて直接植える

クラピアを植える際に1番大切なことは、クラピアに有利な環境をつくってあげること。

実際に1シーズン作ってみて本当に感じています。

なので、株分けの方法自体はシンプルではありますが、その前の工程が沢山になっています。

根がしっかりと育っている状態で分けていく株分けは、さほど心配をしなくても成長するので特にコツなどはありません。

しかし、私は株分けは購入した当初の段階ではあまりおすすめできません。

購入したばかりの時は、一つ一つの株を確実に根付かせることに専念することをおすすめします。

クラピアに有利な環境が大切なので、購入したままの状態の株を4つほどまとめて同じ穴に埋めるなどしても速く成長していきますよ。

上記であげた株分けの方法は、植えてから1ヶ月ほどして、クラピアのストックが確実にある時、この部分に足したいな・・・という時にはおすすめします(^^)

購入した当初は株分けではなく茎差しという方法がおすすめ

根っこを分けて増やしていくのではなく、伸びてきたランナー(葉やくき)から増やしていく方法もあります。

クラピアは植えてから2週間もすれば茎を伸ばして目で見てすぐに分かるほどに成長します。

不安かもしれませんが、信じて待ってみて下さい。

伸びてきた茎をよく見てみると白いひげのような物が見えます。

この白い物は根っこになります。

根っこの赤ちゃんが下になるように切ります。

だいたい3㎝から5㎝おきぐらいに根っこの赤ちゃんである白いひげが出ていると思うのでその都度切っていきます。

はじめは、3~5㎝ではなく、長いまま切った方が新しい場所でも根付きやすいのかなと試したことがありました。

しかし、長いままだとそのまま枯れてしまうことが多かったです。

3~5㎝にとどめている方が確実に育っていきます。

いきなり登場した緑のポットですが、ホームセンターで5枚入り300円ほどで売られています。

この商品は本当におすすめです。

繰り返し使えるのでお家に一つあると良いですね。同じ商品で楽天でも見つけましたので、リンク貼っておきます✨

柴田園芸刃物 キャネロンビーポット ポット Y36 5枚
キャネロンビーポットのメリット

少ない土で、クラピアを増やすことができる

一つ一つのクラピアの成長を確認しやすい

小さなスペースの方が土に埋もれず安定して成長していく

過保護かもしれませんが、私は確実に増やしていきたいので、まだこの状態で地植えはしません。

次に一般的な大きさのポットに植え替えます。

この状態までいけたらほぼ枯れることはなく、しっかりと根付いてクラピアの面積をどんどん広げていってくれます。

クラピアの株分け方法まとめ

いかがだったでしょうか?色々な方法がネット上に見られますが、色々ためして1番お金もかからず、確実に枯れずに増えていった方法です(^^)良かったら試してみて下さい!!

RELATED POST