季節の遊び

11月遠足、お散歩の豆知識、秋の知育に。いちょうの実。銀杏のむき方、処理。茶碗蒸しの作り方

いちょうの木が美しくいろづく季節となりました。

親として、もしくは先生方、秋のお散歩や遠足などでちょっとした小話を子どもに紹介したくありませんか?

イチョウの木を見つけたら、今の季節写真のような実が落ちています。

f:id:sukusukusodate:20191119230745j:image

 イチョウの木の下に落ちている実の正体は

銀杏【ぎんなん】です。

いちょうの実は熟すと木から落ちてきます。

落ちているイチョウの実の特徴

オレンジ色

柔らかい

独特の強いにおいがする

イチョウの実、銀杏の注意事項

手がかぶれることがあるので、拾ったり観察をするときには軍手などをはめるのがおすすめです🍀

f:id:sukusukusodate:20191119230717j:image

絵本でこのように紹介されていたりもします。

銀杏は食べることが出来ます。

こうして木の下に落ちている物が何なのか

さらりと紹介したり
食べ方をおすすめできたり
処理が出来たら素敵・・・✨

ではありませんか?

忙しい皆さんにかわって今日は実際にやってみました🙌

ただし、銀杏の外の皮は触るとかぶれることがあったり

子どもが数粒でも食べると中毒を起こすこともあると記述をみたりもしたので

あくまでもお話し程度にとどめている方がいいかもしれません。

集める時、観察される時は
手がかぶれることもあるので、手袋などをされるとより安心かと思います。

f:id:sukusukusodate:20191119230857j:image

外皮をめくると落花生のような堅い皮が・・・

キッチンばさみのギザギザのところで少し力を加えると割れました。

f:id:sukusukusodate:20191119232341j:image

堅い皮の中には茶色の実

f:id:sukusukusodate:20191119232011j:image

茶色の薄い皮をそーーーーっとめくると

f:id:sukusukusodate:20191119232015j:image

黄色い中身が出てきました✨

f:id:sukusukusodate:20191119232036j:image

茶碗蒸しの作り方

 茶碗蒸しの材料

昆布

あごだし 小さじ1.5

砂糖  大さじ1

薄口醤油 小さじ1

みりん 小さじ2

あじのもと 2ふり

濃い口醤油  数滴

火にかけ、沸騰したら火を止める

f:id:sukusukusodate:20191119232356j:image

具材を器に入れる

f:id:sukusukusodate:20191119232407j:image

鍋が冷めたら、卵をこしながら入れる

f:id:sukusukusodate:20191119232425j:image

f:id:sukusukusodate:20191119230923j:image

 鍋に水を2㎝ほど入れる

f:id:sukusukusodate:20191119230931j:image

 茶碗蒸しを並べて

f:id:sukusukusodate:20191119231004j:image

 中火で15分

f:id:sukusukusodate:20191119231008j:image

 完成です★

f:id:sukusukusodate:20191119231035j:image

 11月遠足、お散歩の豆知識、秋の知育に。いちょうの実。銀杏についてのまとめ

街中でみかけるイチョウの木から

茶碗蒸しの具になるものが手に入るだなんて・・・✨

大人にとっては当たり前のことでも

子どもにとっては初めて知ることって多いと思うので

是非、イチョウの木の下に落ちている物は

銀杏【ぎんなん】って言うこと

独特の匂いがすること

食べられること

また子どもたちにお話ししてみて下さい🍀

これから発表会など時間との戦い・・・忙しい時ですよね。

自分が若い時にもアマゾンプライム利用したかったなぁ・・・🍂