家&庭

間取りで後悔したところ 5選

f:id:sukusukusodate:20190725234640p:plain

ネガティブな内容すみません💦しかし、こうした後悔もお家づくりの大きなヒントになりますよね。考えはそれぞれだけど、何かのヒントになれば嬉しいです🍀


第1位 小屋裏収納をつけなかったこと

私達は間取りを各会社にかいてもらい

それぞれの会社の特徴を長期間に渡って

比較した末に契約をしました

しかし、契約をする時にセキスイハイムが

スマートパワーステーションという商品もありますよとおすすめしてくれて

スマートパワーステーションに変更✨

 お得に太陽光を11キロのせました

この変更自体は良かったのですが

すると屋根の形がかわり

片流れ屋根

すると今まで全然考えていなかった

小屋裏収納の可能性が浮上💨💨💨

※小屋裏収納とは屋根と天井の間にできる空間を利用した収納スペースのことです

普通の屋根の形の時も

小屋裏収納自体はできたのですが

片流れ屋根になったことで

より高さも出て

スペースが取りやすくなったみたいで

サラッと提案がありました

坪単価ハイムは60万~70万とされているのに対し

全部で50万のオプションで小屋裏収納が

付けられたんです・・・

2階の面積の2分の1未満とか

高さ140㎝以下など制約はあるものの

かなりの面積を50万円で増やすことができていました。

屋根裏特有の暑さや湿気も

ハイムの24時間換気システムがあれば

比較的いい状態で収納できたのではないかと今でも思っています・・・

なぜつけなかったのか・・・

それは当時

契約のプレッシャーが迫っている時に新しい大きな出費を受け入れる気持ちになれなかったんだと思います

【夫】収納に50万円も出せないよ。

 当時の夫の言葉です・・・

でもでも

ひな人形とか

着物とか

 

子供のアルバムとか

思い出とか

収納したい物は沢山!!

それに子供の小さい今は

別に収納に使わなくても

子供と一緒に秘密基地のようにしても遊べたなぁ・・・

ただただ後悔しています・・・

最近ホームセンターで庭に置く小さなログハウス型の物置が売ってあって

2畳分のスペースで25万程していたんです。

すごく立派な物置だったのでまた一般的な物置であれば

もう少し安価であるかもしれないけど

まぁ値段はさておき

外で置く物置となると断熱や換気も屋内に比べると

しっかりとしていないだろうから

中に収納できるものも限られてくると思うんです

外の物置に着物を収納したいという方はいないと思います💦

ハイムには空気循環システムが24時間ついているし

アレルギー対策で空気工房もつけたので、空気はとてもきれいなはず・・・

現に私ダニアレルギーがあって、衣替えの時などは必ずくしゃみが出たり

鼻水が出たり目の充血などがあったのですが、

ハイムのお家に引っ越してきてから1度も発作を起こしていないんです。

物置に収納するものって基本日常使いするものではないと思うので

普段使わなくて

しばらく放置したとしても

アレルギーの発作が出ていないということは

ダニが繁殖しづらい環境なのかなと思うので

荷物にとっても良い環境なのかなと思っています🍀

そんなに後悔しているならリフォームをすればと声が聞こえてきそうですが

木造のハイムでは(鉄骨の方ではリフォーム可)

そもそも小屋裏へのリフォーム自体していないようです

そして、リフォーム会社などに依頼し工事をした場合、

のちに構造に何らかの問題が生じても、その問題の原因がもともとのハイムの構造に問題があったのか、リフォーム会社の工事に問題があったのか

はっきりと分からなくなってしまうので、ハイムで現在ついている構造の保証が無くなってしまうみたいです。

保障やアフターフォローの手厚さに魅力を感じているので

これはいただけません。

なので・・・戻れるなら間取りの最終確認の時に戻ってみたいです★

もし検討される方がいたら

お金も安くついて収納力も増しますし私は本当に羨ましいです(>_<)✨

第2位 勝手口をつけなかったこと

洗面所に勝手口をつけていたらと今でも思っています。

汚れて帰って来た時に洗面所に直行できる・・・子どもがのびのびと外で遊んで、どろどろのままでも

汚れる場所が洗面所だけなのか、玄関からお風呂までなのか・・・子どもの動きって大人みたいに慎重ではないだろうし、その度にハラハラするより

汚れた時は勝手口から入ろうねの約束だけで済んでいたら

掃除も気持ちも楽だっただろうなと思っています。

大人でも少し花壇の手入れをしたら土など靴についたまま玄関のタイルを汚してしまうことが多々ありますし・・・。玄関は汚れるものなのですけどね。

でも、後悔しています。

後から閉じるよりも、新たに開ける方がお金もかかるし工事も難しいのではないかと思うし、新築工事の時に気になる事はやっておいた方がいいなと思います。

勝手口に関しては防犯面が少し心配ですけれど・・・(>_<)💦

ちなみに、小屋裏はリフォーム自体やっていないようですが、勝手口へのはリフォームはハイムのリフォーム部で、できるそうです。しかし、5年以内にリフォームをするのは長期優良住宅の恩恵を受けられなくなってしまうのでおすすめできないみたいなので、じっくり冷静にリフォームすべきなのか検討していきたいと思っています。

念のためハイムを含むリフォーム会社数社に見積もりを依頼しましたが、

新築の時にまとめてする値段とは比べものにならないぐらい、どこの会社も高額でした。

新築の時にしていれば窓代と勝手口のドア代の差額のみで済みますが、改めてリフォームとなると職人さんの日当や材料の運搬費や全て1から発生してしまうので・・・(;O;)

第3位 寝室のドアを引き戸にしたらよかった

我が家の場合主寝室を広く取れなかったので、もし引き戸にしていたら、もう一枚布団を敷けたと思っています。子供が生まれるまでは当たり前にダブルベットを置いて、子どものシングルベットと繋げて対応するつもりでいたけれど、

子供の寝相の悪さ、そして少しでも安全な状態で過ごしたいと思うように気持ちが変わり

これからむこう10年は布団生活になりそうです。部屋全体を布団を敷き詰めてあげられたらより安全であるけれど、ドアを開き戸にしてしまったので、頑張っても4枚目の布団を敷くことが出来ません。

第4位 テレビ台の造作のサイズをDVDケースが入るように幅を考えるべきだった

当時はルンバが入る高さのことぐらいしか想像できていなかった

第5位 日よけを固定する金具を外壁につけたい

暑い季節に窓の日よけをつけたい・・・一応日よけのシェードを購入すると窓枠に止められる留め具が一緒についてくるけれど、強く風が吹くとすぐに外れてしまう💦壁にあらかじめ金具があるといいのかなと思いました。しかし、これは住み始めてからでも十分に間に合うので後悔ではないかな?💦またハイムに相談するつもりでいます。

RELATED POST