家&庭

35坪セキスイハイムの間取り、工夫したところ 選

間取り悩みますよね。広さに限りはあるし、予算もあるし、

パズルみたいにあてはめていくけれどなかなかうまくいかないし・・・

私は、暮らしやすい、家事がしやすいに加え、子どものいる生活をイメージすることが、子どものためだけでなく、家で暮らしていく皆の暮らしやすさに繋がっていくと考えます。保育士10年の経験をいかした間取りの工夫をお伝えしたいと思います。

セキスイハイム35坪の家。方位は右が南になります。

35坪セキスイハイムの間取り、工夫したところ

間取りの工夫①リビングの中央に大きなウオークインクローゼットを設けた

モデルハウスを見に行った際に、主寝室には必ずウオークインクローゼットや大きな収納は必ずありました。

なのに、リビングにはほんの少ししか収納を設けていないことが多々。

私は和室を省いてでもこの収納は価値があると思っています。

すー

子どもが小さいうちは、危険な物の収納に役立ちます。

子どもが成長し大きくなってきたら、子どもの趣味のものをリビングに多少置いても、

収納の中に収まるのであればある程度は許せるようになるはず・・・

昔2階の子ども部屋にランドセル置いてきなさいと母に言われ、しぶしぶ持って行っていました。大きくなってプリクラ整理グッズを邪魔な扱いうけて悲しかったなー・・・。

でも、大人になって思うこと。そりゃあ母も言いたくなるよね。と、今なら分かります。

昔自分が叱られていたことの原因をどうしたら潰せるか。

親はどういうことでイライラしていたのか。

が私の間取り作りの原点です。

我が家の家族ロッカーに置いている物

  • コート
  • よく使う服
  • 下着
  • ハンカチ、ティッシュ
  • かばん
  • 趣味の物(例えば子どものアルバム作りの材料など)
  • ホワイトボード(ゴミ出しの表、請求書など)
  • 紙袋
  • 椅子
  • 簡易脚立
  • アルバム
  • 来客用座布団
  • ウオーターサーバの水ストック
  • 避難袋
すー

身支度も、家族ロッカーで完結

探し物の時間が減る

洗濯物の片付けもほぼ家族ロッカーで完結

良いことしか思い浮かばないです🍀

奥行きのある長方形にした理由

我が家の場合幅130㎝奥行き300㎝にしました★

  • 1階なので他の部分の採光を潰したくなかった
  • 正方形よりも長方形の方が通路を確保しながらも沢山物をおける

家族の成長に応じて、使い方が変化していくことをイメージする

私は10年間保育士をしていましたが、建築前は子どもがダイニングテーブルに日常的にのぼるようになるだなんて思ってもいませんでした。

しかし、新築後にセキスイハイムを検討しているご夫婦が

入居者見学に来てくれたことがありました。

その時に、

ハイム検討中のご夫婦

子どもはダイニングのテーブルに

のぼるようになりますよ😏

と、教えてくれました。

アイコン名を入力

そんなまさか♫

と、余裕に思っていましたが、そのご夫婦の予言は見事にあたっていました( ̄∇ ̄)笑

毎日毎日のぼります🙌←保育園の顔とお家の顔って違うのでしょうね😂

また詳しく書きますが、子どもにはその月齢その月齢で、自分が習得するべきことを本能で知っているんですね。なので、ダイニングにのぼりたいっていう欲求も決して親を困らせようとしているわけではない・・・子どもの運動能力は6歳までに80パーセントが決まっていくので、ダイニングのテーブルにのぼるのはマナー的にもよくない・・・なので、是非別のことで、似たような動きをさせてあげてくださいね★

私はマナー的なこと、子どもの手の届かないところということで、子どもに触って欲しくない物をダイニングに置くようにしていたこともあり、子どもがダイニングにのぼることを良しとはしませんでした🌿

使わない時にダイニングの椅子を家族ロッカーに片付けてしまう。

小さなうちだけでしょうが、こうしたこともスムーズにできたし、見栄えも悪くないので、ストレスは最低限ですみました☻

1番居心地の良いところのすぐそばに

大きな収納を設けることは

親にとっても、子どもにとっても価値があるのではないか・・・?と思っています★

間取りの工夫②台所をあえて対面にせず、皆で一体感を感じられる配置にした

  • 1階の和室、リビング、ダイニング、キッチン・・・どこの位置からもテレビを見える間取りにしたかった(食事以外の時に、ダイニングでテレビを見たいこともあるはず
  • 対面にしなくてもキッチンの隣にダイニングテーブルを置くことで、テーブルが作業台がわりになる←同じ用途のスペースを削減し、他のところにスペースを設けることに繋がった。
  • 作業台がわりになるということは、配膳もテーブルの上でできる
  • 移動が少なくてすむので、配膳、片付けを各自でやろうという気持ちになりやすい
  • 台所が近いので、調味料など取りたい物を家族皆とりやすい
  • 対面で吊り収納を採用したら、暗く感じたり、キッチンが疎外感を感じやすいが、キッチンの隣がダイニングテーブルなので家族皆と同じ空間にいるように感じられる
  • 吊り収納を採用したことで収納スペースを確保できパントリーの必要がなくなった
  • 対面にあえてしないことで食器棚とキッチンの幅を広めにとることができた←家族皆でキッチンにいてもお互いにイライラしないための工夫

間取りの工夫③子どもが遊んでいる様子を台所にいても感じられるようにした

子どもは1秒目をはなしただけでも、予想もしないことをしていることが多々あります・・・。

なので、自然に目に入るような間取りにをすることでハラハラして作業がすすまない・・・というストレス。

子どもを危険にさらしてしまうかもしれないというストレスから解放されます🍀

アイコン名を入力

実際に子育てをはじめると、姿が見えるだけでは満足せず、結局足下にべったりくっついていること

結局抱っこで家事をしていることも多々あるんですけどね(^^)子どもの様子が見えるというのは結構重要です♫

間取りの工夫③廊下はなるべく設けない

我が家の廊下約1メートル・・・

廊下を小さくした理由

  • 子どもは基本待てない&面倒くさがりと事前に想定しておく←少ない移動距離でトイレ、お風呂、洗面に行ける工夫
  • 死角を極力少なくしたい
  • 35坪以上広げることが予算的に難しい

間取りの工夫④パソコンコーナーを家族の通り道に設ける

今からの時代、子どもも日常的にネットを使うことは容易に想像できる。まだまだ判断力も未熟なので、風通しの良いネット環境になるように、家族が行き交う場所、画面が見える位置にあえてパソコンコーナーを設けた。

間取りの工夫⑤玄関を開けた時に家の中が丸見えにならないように配慮

家に暮らし始めると、友人知人以外にも色々な人が尋ねてくる。

1番自分の中で注意しているのが、町内会の役員さん🍀

皆さん優しいけど、これからの長い生活を思うとあまり汚いところは見られたくないです(^^)💦町内会の集金や回覧板など、突然やってくることって結構多いんですよね。なので、ぱっと見お家の中の様子が分かりにくい工夫をしています。うちはあえてドアの位置をずらしています。

間取りの工夫⑥洗濯物をはあえて2階に干す

洗濯物。私母を苦しめていた家事ナンバー①だと思っています。

洗濯物がたまるのって決してズボラをしているわけではないんですよね。

天候もあるし、家族の汚したタイミングによっては急遽いつもより多く洗濯機を回すこともある。

目につくと散らかっているように感じるし、散らかっているものをいつまでも片付けられていないストレスを感じる

せっかくたたんだ洗濯物タワーが倒れてやる気を失うなんてこともあると思うのです。

自分たちが普段過ごす空間にそうしたイライラモヤモヤのもとを持ち込まないようにしました★1階にあえて洗濯コーナーを設けているお家も見るけど35坪の我が家では1階にくつろぎスペース生活動線以外のスペースを設けることは難しかったです。

2階に洗濯ものを干すことで、洗濯物を干す、片付ける以外の時に洗濯のことを忘れられること。まだ乾いていないものもそのまま干していてもストレスを感じなくてすむということもあって気に入っています。

そして洗濯物を干すコーナーを決めておくことで、天候を選ばずに干しておけることも嬉しいポイントです。←セキスイハイムの場合空気工房、快適エアリーがあれば夜間のうちに洗濯物は乾いています。

間取りの工夫⑦バルコニーに屋根をかぶせる

基本部屋干し派の我が家ですが、外に洗濯を干すことも想定し、屋根をかぶせておきました。洗濯物を干している時にも安心感があります。そしてあまりないかとは思いますが、鳥の糞被害もきっと防ぎやすいかと思います。

間取りの工夫⑧子ども部屋を一部屋で大きく設けた

色々なお家の見学に行って、子どもが小さなうちは夫婦それぞれの部屋としてつかっているのを目にすることが多かったです。

その使い方ももちろん良いとは思うのですが、子どもはすごく飽きやすいので、リビングではできないような遊びをするスペースに使う選択肢を残すことも一つなのかなと思いました★同じ遊びでも場所を変えるだけで気持ちを切り替えて集中する事ってあるので、

色々な使い方ができるように想定してあげると、なかなか外出が思うようにいかない

0歳から1歳時代、第二子が生まれたばかりの頃など、親子共にストレスを減らせると思いました

間取りの工夫⑨階段下にトイレをつくった

階段下トイレがスペースの有効活用であると色々なところで見てはいたが圧迫感など不安があった。

しかし、実際に見学会などで、実際にみて採用。

夫170㎝、私155㎝全く問題なく圧迫感などは感じていません。

むしろ限られたスペースを有効活用する意味でも階段下にトイレをつくりることは心からおすすめしたいです。

間取りの工夫⑩階段下トイレに大きな収納を設けた

アイコン名を入力

階段下収納、大きめに作って下さい

たったこの一言を言うか言わないかで

倍ぐらい大きさが変わります。しかも無料。

是非言いましょう🌿

想定外の物として、余ったクロスたちがここに収納されています。

普段は使わないけど、もう廃版になるかもしれないから余ったクロスは捨てるのはおすすめされません。

現在奥行き20㎝、幅80㎝、高さ100㎝のスペースを クロスがしめています。

他には工具や娘のトイレトレーニンググッズを収納しています🍀

35坪セキスイハイムの間取り、工夫したところまとめ

結婚を機に新築を検討されるかたもいらっしゃると思いますが、自分たちの生活+子どもの成長や動きをイメージしていくと、危険が減る。危険が減るとパパママの気持ちもストレスが少しでも減って、暮らしやすい家に繋がっていくのかなと思います。

RELATED POST